キイロな低血圧の世界

楽しい日々を過ごせますように

抽象的な、女の子の日記

今週のお題「やる気が出ない」



せんせい、あのね。



この頃は、ありさんを見つめていることが多くなりました。



ありさんは、いつもせっせと歩き回っています。ちょっと目を離すと、さっきまで見ていたありさんは、もう遠くの場所まで移動してます。

ありさんたちの探し物が、はやく見つかりますように。




家のお勉強机には、ほこりがたまってきてしまいました。先生、ごめんなさい。あんなに「お勉強が楽しい」と言って、「わたしにも新しい係りをやらせてください」と言っていたりしていたのに。


今じゃもう、少しだけ学校に行きたくありません。


学校では、クラスに苦手な子がいます。国語の時間に、わたしが答えを考えたりして書いていたりすると、「そのやり方は違うよ」注意しにきたりして、そのたびに、ちょっとずつ元気がなくなるのです。


算数の時間なら、解き方には型があり決まったやり方があるかとは思います。算数の時間は嫌いだけど、算数の時間なら、まだ注意されても仕方ないとは思います。



ただ、国語の時間には、わたしはわたしの答えを導き出してみたいと思うのです。

わたしは国語の時間が好きです。だって、色んな答え方があるから。先生は、こうゆう考え方もあるよね!!と言って、丸をつけてくれました。それが、とても嬉しかったんです。

方程式なんてない、自分らしさが見えてきた気がしたのです。


わたしはわたしのままでいいのか、その気持ちが強くなり、ネットで調べたら自己肯定感と出ました。


相手の感情に敏感に反応してしまうのも調べたら、HSPとも出ました。チェックリストには、当てはまることも沢山ありました。


ネットだから、よくわからないけれど、5人に1人は同じように悩んでいると知りました。


そのままでいいよ…

いつもありがとう…

疲れたよね…

えらいね…

頑張っているよ…





自分に向かって、話しかけてみました。


ほんの少しだけど、安心しました。






学校には休まず行きたいとは思ってます。一度休んでしまったら、ズルズルと休んでしまいそうだから。



【学校は大変なところ。辛くて当たり前。みんな、それでもやっている。】これは、お父さんが口酸っぱく言っていた呪文です。絶対にかからないようにします。



だけど、わたしは違うと思います。学校は辛いところでもないし、大変なところでもないと信じてます。





『楽しさを自分なりに見つけていくところ』

それが、わたしにとって、ようやく導き出した学校の答えです。


わたしは不器用だから、自分に嘘がつけないのです。そうじゃなきゃ、続かないんです。



転勤場所から、応援していてくれますように。

ドラマ愛と、弱音

・ダイブ!

・レンアイ漫画家


現在の録画登録番組



ダイブは、イケメンたちの上半身を見れたりするので好きです。…ええ、変態で結構です。ヽ(´ー` )ノ

主人公ではないのですが、いつもクール・ストイックで、父親はコーチの男子部員がいるんですけど、今回ついに本音をポロリ。



「結構、ギリギリだぞ?」(更衣室にて)



ギリギリ…。



見えないその重みが痛く、共感してました。




ギリギリはいかないまでも、わたしもいまだに元気はありません。



気持ちもだけど、体調がずっと良くないのです。病院にも行くことになったので、また詳しく書きますね。



どうあがいても…身体と心は、繋がってますね~。



次!!レンアイ漫画家は、ただただ登場人物が愛くるしいです。




そういえば今回、そのドラマでも名言を言ってました。



“運命のひとは、出逢うんじゃなくて、一緒に過ごしていくうちに、いつの間にかなっている”


みたいな感じの内容でした。



まさしく、わたしに届けられた言葉のように思ってしまいました。




一緒に過ごしてくれるようなひとは、果たしてこれから見つけられるのでしょうか?


わかりません。




(わたしが)自然体で居たら、
好かれる気がしない


基本、自信がない


嫌われないようにしたい、
だけど、いつか嫌われる気がする


傷つくのが怖い



相手の嫌なところが、
目につくと冷めてきてしまう





自分を受け入れてないなら、ひとのことも好きになれない。



当然は、当然かぁ。

開きかけたドアが、鈍く閉まったような音がした。


もれていた光は、また暗闇へと染まってゆく。



何を浮かれていんだろう?



誰かの優しい言葉が、はるか昔のことのように感じているよ。




気持ちの波が、目まぐるしい。



きっと、誰にも理解されない。



だから、誰にも言いたくない。





白馬の王子さまなんて、夢物語にすぎない。だって、願ったって、ずっと出逢えないでしょう?






誰も、

誰一人、


守ってくれない、わたしなんて。



わたしがわたしを嫌いになっていく。


いつものことだ。

たとえ闇でも

困ったとき、苦しいときは


ひとりで解決するしかない



結局は、孤独な戦い




無闇に、ひとに相談して

傷つくくらいなら


もう頼りにするのは疲れたよ




結局は、孤独な戦い



いつだって、ひとりさ





たとえ、誰かに笑われようと

誰かに冷たくされようと





負けないし気にしない



ひとのご機嫌に左右されたくない




どうぞご勝手に

言いたいように言えばいい




痛くも痒くもない

そう信じていくしかない



ここで戦うと決めたんだ

孤独なファイターを

見くびるなよ?

鯵のお刺身(料理教室)

f:id:yoko-777:20210426175813j:plain



鯵(あじ)をさばく日がくるとは…。





丸々と大きかった一匹の鯵が、


さばけば…さばくほどに、身はわずかになってしまいました。




GWの時、また挑戦だーっ♪

お尻は、語る!

ご無沙汰してます!



~~~~~~~~
本日のアクセス数

↓ ↓ ↓


2名でした(笑)
~~~~~~~~



のぞきに来て頂いた方へ。

ありがとうございました、やっと更新してますm(_ _)m






書けない…、ちょっとしたスランプ状態でした。少し書いては削除する、の繰り返しでした。ようやく戻ってこられました。




今月は、体調面が絶不調でしたっ。



まず、あれは…「尻もち」からすべては始まりました。不注意で足を滑らせ、宙に浮いたかと思ったら、全体重が尻にのし掛かりました。


すぐには立ち上がることが出来ないくらいだったので、ねんのために病院へ。



診断結果は

【お尻の打撲】でした(´・ω・`)www



打撲程度で、ほっとしたのもつかの間、お尻の打撲の影響力は、地味に色々ありました。


痛みというものを身をもって体験したからこそ、はじめて分かる部分もあると思いました。なので、ここでまとめてみます。




・とりあえず、尻が痛いです

2週間くらいは痛みが続いてました。処方して貰った湿布(ロキソプロフェン)を、尾てい骨と腰に2枚使用。貼りにくくて、半ケツになりながら、半ギレしてましたwww

※痛みどめも大量に出ましたが、何となく飲む気になれませんでした。


・かがめない

何か物をとったり、掃除をしようにも、この「かがむ」という動作がつきもの。日常的に使う動きが、尻周辺の痛みにつながるという苦痛。かがむと痛みが走ります。なので、しゃがんだりして物をとったり等、意識して労りながら、ゆっくりした動きで過ごしていました。なので時間もかかります。




・走れない(はや歩きができない)

電車から降りて勢いよく改札口へ向かう人たちが、眩しく見えました。就業時間2分前に到着した朝の日は、変な汗がどっとでてました。




・尻(患部)を守りたくなる

電車が込み合ってくると、人が密集してバッグやリュックなどが身体にあたることは、今までもよくありました。ただ患部がある身になると、そういった物があたったりするだけで、痛みが走ったりします。押したり・押されたり、満員電車はある意味で戦争(?)ではありますが、なるべく人にあたらないように荷物は気をつけていきたいものです。



・自転車の立ちこぎが無理

わたしの家周辺は坂が多いのですが、尻が痛いと立ちこぎは鬼です!試しにやってみましたが、ズキズキした痛みがきたので、なくなく自転車を押して坂道を登ってました。



・腰痛もちのひとに、優しくなれる

腰以外もそうですが、痛みで動作を常に制御しながら生活するというのは、思っている以上にストレスがかかっていたり、大変なことだと知りました。


・(番外編)風呂場での緊張感


尻の打撲と診断された、当日の夜のこと。わたしは全裸で、風呂場の鏡の前にいた。今からこの鏡で、自分のお尻と対面するのだ。

どんなお尻になっているのか、


見たくないような…見たいような…。


わたしの全体重を受け止め支えてくれた、このお尻。そうだよ、たとえ、どんなお尻でも、愛すべき、お尻なのだ!!頑張った、お尻!!!


そっとお尻を見てみると、


そこには、なんのかわりばえもしない、お尻がいました。





今では、尻の打撲はすっかり良くり、痛みも消えました。

治癒力に感謝とともに、当たり前だと感じていたことが当たり前じゃないのかもしれないと、ふりかえることのできる日々を過ごせました。






ちょっとしたことに躓き(挫折して)、それしか見えなくて…もう全てがそれに染まりそうになることがある。


染まったままにしとくのか、さらに色をたして自由自在に変えていくのか。


悪くとらえるのも、良くとらえるのも、本人次第。


自由だとするならば、


躓いた分、きっと強くなってやる!




~ お・わ(し)・り ~