キイロな低血圧の世界

どこかで働きながら、楽しい日々を過ごせるように全力で過ごしてます(笑)

義理からの義務

今週のお題「チョコレート」



今年ではないけれど、某有名高級チョコレート会社が「義理チョコをやめよう」をキャッチコピーに宣伝していたのを思い出した。



…義理はやめように激しく同意する…。


というのも、今まで働いていた職場ではバレンタインは恒例行事だった。とある女子(ボス)を筆頭に皆でお金を寄せ集めて、ボスがチョコを選びに狩りで(購入)ていくって流れ。


当時はあんまり気にはとめていなかった。だけど、今振り返ってみると



たいして男性たちは「喜んでなかったよな……っ」て感るのだ。



義務的なお返し。



そんな雰囲気だった。




悲しいかな、義理からうまれた義務。







感謝の気持ちを伝えたいなら、単純に言葉で伝えようじゃないか。








まぁ、仮にわたしが男性だった場合



『本命でもないのに、たいして好きでもないチョコなんか渡されて、お返しを考えるのがめんどくせーよぅぅうぅっ』


それが、本音だ。(あくまでも、わたしの場合ね(笑))



これがチョコや甘いもの好きな男性ならば、話は変わってくるんだろう。




ただ、チョコを自分の人生から切り離したわたしにとっては、全くもってチョコに興味がないのだ。


興味のないことほど、考えるのが苦痛なものはない。



しかも、義理だぜ?


本命ではないのだ!(重要)




学生の頃は、友チョコとかも流行っていたけど、あれはあれで《チョコの数=友達の数》みたいな方式に周りがなりかけていて、何だか息苦しさも感じていた。





もうさ、義理チョコも友チョコもやめない?!


記念日とかも気にする方もいるけど、あれもなくて良くない?!



義務ほど、イヤなものはないよね。






『作りたいときに作る!』

『あげたいときにあげる!』

『お返しは期待しない!』




好きなひとは自由にやればいいけど、恒例みたいなバレンタインなんて、なくていいと思う今日この頃。